豊西牛 ギフト ~ お歳暮・帰省暮

ここでは、お歳暮・帰省暮(帰歳暮)用ギフトにピッタリの熨斗(のし)にも対応したインターネット通販の豊西牛取扱いお肉の専門店を紹介します。

豊西牛とは?

「豊西牛(とよにしぎゅう)」は、北海道帯広市のトヨニシファームが十勝の牧場で生まれたホルスタインの雄を飼育し、出荷しているブランド牛です。

写真引用:トヨニシファーム公式サイト(https://toyonishifarm.co.jp/items_toyonishibeef.php)

豊西牛(とよにしぎゅう)

トヨニシファームでは、乳用牛として知られるホルスタイン種ながら、和牛にも劣らない脂の質を追求してきました。

独自の肥育ノウハウを武器に、赤身が美味くてサシたっぶりの牛肉が苦手な人でも楽しめるブランドとして売れてきています。

  • 食べておいしいと感じる牛肉は脂の融点(固体から液体に変わる温度)が低い肉です。(参考サイト:「食のみやこ鳥取県」オレイン酸と脂肪のトロける関係https://www.pref.tottori.lg.jp/175834.htm)
  • トヨニシファームが、外部の研究機関に依頼した調査では、脂の融点を左右するオレイン酸の割合は約48%と、乳用牛平均の約44%を大きく上回り、和牛や、和牛とホルスダインを掛け合わせた「交雑種」の約51%にも迫ります。
  • 一方、割合が高いほど融点を上げてしまうステアリン酸は逆に平均を下回ります。

豊西牛が美味しい独自の飼育法

トヨニシファームでは飼料用米の米ぬかではなく、食用米の米ぬかを餌として与えています。

さらに、成長段階にあわせて7つ配合飼料を駆使し、脂の質を高めてきました。

肥育期間にも独自ノウハウを確立しています。

肥育期間は、通常の期間より2~3ヵ月長くしていますので、通常より牛が大きく育つ
ため、脂身が少ないホルスタインでもステー牛肉などに加工できる効果があります。

欠点としては、飼料代や人件費などの生産コストがかかり価格にも影響することですが、その価格は、豊西牛の美味しさに見合う価値がある価格です。

バラエティーに富む商品

十勝は、「豚丼発祥の地」として豚肉文化が根付く地方です。

豊西牛が豚丼の聖地に浸透しだのは、バラエティーに富む商品戦略も大きいでしょう。

定番のカルビ串(3本1080円)はイベント用に気軽に食べられるように開発されました。

外側のもも肉の柔らかさとバラ肉の脂のうまみがマッチし、特製の黒にんにくソースが食欲をそそります♪

冷凍のハンバーグ(1個432円)厚切りロースステーキ(300g2997円)など豊西牛を使った商品は、なんと約100種類!

トヨニシファームは、もともと生産から加工、販売まで一貫して手掛けていたものの、以前は加工を外部に委託していました。

しかし、2016年に「カルビ串を納得できる昧にしたい」との思いから加工場を新設したのが同社にとっても転機となりました。

豊西牛は同社の交雑種ブランド「帯広牛」に比べて2~3割程度安いです。

なお、「豊西牛」と「帯広牛」の違いは、以下のようです。

トヨニシファームの小倉社長は、「帯広牛は霜降りの脂身が特長。マグロに例えると豊西牛は赤身、黒毛和牛は大トロ、帯広牛は中トロ。自信を持って帯広牛の名前で送り出したい」と話している。

記事引用先:

豊西牛取扱いお肉の専門店一覧

さて、お歳暮・帰省暮(帰歳暮)用ギフトにピッタリの熨斗(のし)にも対応したインターネット通販の豊西牛取扱いお肉の専門店を紹介しましょう!

但馬牛・三田和牛専門店ミートマイチク

お肉の直売所フロムファーム

JAタウン

アマゾン amazon.co.jp

ヤフーショッピング

  • 文章引用先:日経MJ2021年9月15日(水)10面「帯広の乳用牛「豊西牛」を大幅書き直し。
タイトルとURLをコピーしました